お身体の違和感や痛みの症状『坐骨神経痛のお悩み』原因を丹念に探り改善を促す

坐骨神経(ざこつしんけい)とは、お身体の前と後、腰辺りから下半身足先にかけて延びる広範囲に広がる神経帯で前側では太腿,脛,つま先付近まで。後側では腰から大腿部,脹脛,かかと付近まで。
痛みの症状として坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)がございます。正式な病名ではなく俗称として用いられており、広範囲に伸びる神経帯なので、様々な原因や要因等が重なり痛みは勿論しびれるような症状や、逆に違和感のある箇所を触れても、触れた感覚が鈍い、感覚がなくなるような症状を訴える方も居ます。

広範囲に広がる神経帯では一つ一つ神経を手繰りながら原因や要因等を突き詰めて根本からの改善を促します

足の裏とお尻部分では複雑な多くの神経が入交り、血の巡りを促すポンプの役割も兼ね備えています。多くの坐骨神経痛の原因を引き起こす由来は腰から場合が多く、若い方の場合では椎間板ヘルニア、50歳代以降中高年の方では腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)脊髄を連結して繋いでる骨と骨との間が圧迫されて痛みやしびれの症状として現れる場合や、年齢を重ねることで起こりえる脊髄の老化とも言え、骨と骨の摩耗や軟骨のすり減りなどにより神経への圧迫や刺激で痛みやしびれが引き起こされる。症状が重篤な場合は歩行が困難になる事もあり、腰が由来の痛みやしびれなどの症状があれば我慢せずご相談ください。

痛みやしびれの症状の予防策としては適度な運動や定期的なお身体のケアなどが有効です

お身体の痛みや違和感の症状が現れるタイミングとして多くに共通することは急に日頃やらない動作を行うと起こる場合があります。年齢を重ねることで急に日頃やらない動き、身体を酷使すると身体はびっくりします。超一流のアスリートが長く現役でトップレベルを維持できるのも入念な準備運動の要因が多いとも言われています。小さい頃は外で元気よく遊ぶのが子供の仕事とも言われていましたが、大人になり社会人になれば毎日の動きは必要最低限で簡素化、単純化され意識した運動は中々難しくなります。一見充実した日々を過ごされてるようでも運動をおろそかにいていると急な反動としてお身体に取り返しのつかない変調があるかもしれません。お忙しい方でもお仕事帰りにでもご来院いただければしっかりとしたお身体のケアお身体全体の血流を促したり柔軟運動の手助け、日頃のお身体の疲れを取り除きます。

日常生活の中で腰や下半身への痛み、所謂坐骨神経痛の症状は国民健康保険等、各種保険適用範囲の手技治療が可能です。末永く健康なお身体であるためにしっかりとしたお身体の定期なケアが必要です。お気軽にご相談ご来院下さい。

 

■海星整骨院 診療受付時間■
日/祝
午 前
午 後※1
●午前の受付9:00~13:00まで ●午後受付15:00~20:00まで
休診日…【水曜日の午後 土曜日の午後 日曜/祝日 ※1=第一金曜の午後】
HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました