交通事故が原因でのお身体の痛みでは後遺症が無いようにしっかりとした処置対処を

相手がある交通事故では、自動車,バイク等車両の種類に関わらずまずはしっかりとっした治療や検査をすることを強くお勧めします。損傷が激しい状況や頭を強く打ち付けたような状況下では救急医療にかかるのは勿論ですが、ぶつかった箇所がすり傷に見える場合や、特に痛みを感じない状況下でも警察へ交通事故の事実を届け出て、事故の処理を済ませるのは義務です。事故当時は多少なりとも自身も興奮状態にあり痛みを和らげる物質(アドレナリン等)が脳内より分泌されます。その場では身体に痛みを感じなくても時間が経った後に損傷個所に腫れが出る、関節が動かし辛い、首を動かし辛い等、お身体に痛みが出る場合が多くあります。

交通事故にあい医院や整骨院での治療の場合お身体の損傷度合いの目安とは

交通事故後、骨への異常が疑われレントゲンを撮ることになり近くの整形外科で診てもらうことになった。結果的には異常はなく骨折の疑いもなくて一安心。事後二週間の加療と通院が必要との診断書が出て通院することに。治療方法は主に痛む箇所への機械による超音波治療等、包帯、温,冷シップの処方が出ている…。
例えばこのような状況下の事故で、治療が必要な場合ならば、自然治癒能力を高め手技治療が基本の整骨院での治療を勧めます。診断書の作成、機械による超音波等の治療、包帯、温,冷シップの処方は全て整骨院でも対処できます。手技治療に関しては国家資格であるため、柔道整復師だけが許される有資格です。患者様との会話で今現在の回復状況を一つ一つ確かめながら手技療法を施します。

医院からの転療も可能ですし保険会社との連絡や現治療状況下の説明なども可能ですのでご安心ください

機械による治療だけでは関節等の炎症や各箇所の痛みを全て抑えるには不十分で、しっかりとした治療が出来なければ、後に痛みが出たり後遺症が出ることも十分に考えられます。関節付近を痛めたような事故では雨の日や天気が悪い日、気圧の変化がある日などに関節がうずいたり、痛みや違和感が出たりする多くの方が抱える悩みでもあります。
交通事故が原因と思われる痛みがあるのならば一言で後遺症と言えると思います。ただし事故当時にしっかりと治療したつもりでも年齢を重ねることで再発することもあり一概には言えませんが、因果関係がないとも言えず、未来に不快な思いをしないように、今できる最善の治療しっかりとした処置対処を強くお勧めしています。

交通事故での診療をお考えの方、しっかりとした事故後のケアをお望みの方、過去に苦い思いをされた経験がある方等、ご遠慮なく当院へご相談ご来院下さい。自賠責保険加入での治療ではご本人様の負担額は0円です。後遺症がないように的確な丁寧な治療、いち早くお身体の緩和、症状改善に全力で挑みます。お任せください。

 

■海星整骨院 診療受付時間■
日/祝
午 前
午 後※1
●午前の受付9:00~13:00まで ●午後受付15:00~20:00まで
休診日…【水曜日の午後 土曜日の午後 日曜/祝日 ※1=第一金曜の午後】
HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました