テニス肘

テニス肘とはスポーツの活動、テニス等よって肘部に生じる疼痛性運動障害の総称で他のスポーツ、卓球やゴルフ、バドミントンなど、スポーツ以外でも起こりうる障害、怪我です。少年期から高齢の方まで幅広く発症する事例があります。

このようなタイプ症状に当てはまりませんか?
 反復した腕肘の動きのスポーツで痛みが出た  ラケットを強く振る競技で、ある角度で振ると痛みがある  以前に発症して完治したつもりだったけどまた痛みが出た  時々肘部分に痛みが出てたけど今回は特に痛い  スポーツとは無縁だけど仕事で反復動作があり痛みが出た

テニス肘,痛みについて知ることから対処

主にスポーツ活動テニスのラケットを強く振る反復性の動き等により肘部の一定の部分に負担がかかり発症する怪我です。医師の診断では外側上顆炎等の診断の場合が多い。似た怪我の症状の野球肘の場合の診断では内側上顆炎、基本的な痛む場所が内側と外側の違いがあります。テニスの場合では上腕部の怪我、バックハンドストローク(上腕骨外側上顆炎)バックハンドテニス肘、フォアハンドストローク(上腕骨内側上顆炎)フォアハンドテニス肘と、負担箇所も多様です。

テニス肘,痛みの特徴的な症状とは

反復動作で関節部分、肘の一定の部分に負担が集中し徐々に痛みが増して耐え難い痛みになることもある。日常生活の中ではあまり強い肘の動きを必要とはしないはずなので、そこまでは支障はないでしょうが、痛みが出た時の適切な処置、ケアをしておかなければ慢性化の心配、選手生命にも係る怪我と言えそうです。

テニス肘,痛みの原因や要因とは

身体の発展途中である少年期から高齢の方まで幅広く発症する理由としては主に携わるスポーツが多種に渡るためで、全体的にはスイング等過度な反復した動作が原因。少年期の場合では行き過ぎた練習量や指導者の間違った指導方法と言えそうです。近年では指導者も怪我の重要性をしっかりと認識して過去の練習メニューや蓄積されたデーター等をみながら指導している場合が多いようです。

海星整骨院 テニス肘 手技治療の特徴

   丁寧に質問形式で問診します
痛む箇所 何時頃からの痛み どのような痛み 以前から痛みがあったのか等
なるべく詳しくお知らせください。
症状を把握して的確な手技治療を施します

  機械による物理的治療①
痛みのある箇所や背中、腰等へ電気式器具をあててほぐしていきます
痛みのある肘部分に超音波治療器をあてて痛みのケアをします
電気の強さは微弱からスタートし患者様にお声をかけながら強さを調整します
電気式器具での治療は各10分程度

   手技治療を開始します(標準的)
健康で怪我のない身体を維持するためには全体の血流を整える必要があります
頭部,首,両腕,背中,腰,尻,大腿部,脹脛,足裏,各関節の稼働域など確認しつつ施します
手技治療はお身体との会話でもあり、不調箇所を見つけて整えていきます
お身体全体に手技治療を施します

怪我の箇所を念入りに探り経過を観察していきます
症状のある肘周辺を丁寧に探り状態の確認、関節動作の確認、痛みの確認をしつつケアします
丁寧に手技治療を施し最善のその日の治療を行い経過観察を必要とします
手技治療の最後に腕や足、軽いストレッチ運動をします

  機械による物理的治療②
最後にエアー式のフットケアマシーンで足のむくみ改善、血流の流れをうながします
ブーツ式で片足ずつ装着し足を全方向から空気で程よく締め付けたり緩めたりします
フットケアマシーンは約10分程度

  一連の手技治療終了
手技治療の終了後にご精算となります
各種保険証(国民健康保険,社会保険,その他の保険等)適用範囲での手技治療が可能です
ご来院時にご提示ください月が替わってのご来院時に保険証のご提示をお願いしています
1ヶ月以内のご来院では後治療での診療が可能です

 

野球肘の怪我は経過観察が必要
今後は肘の痛みの状態や関節の動作を確認しつつ経過の観察が必要です。当然ながら痛みがある状態での肘部分を使った練習はお勧めできません。しっかりと痛みが取れた状態を確認できるまでは怪我の箇所は完治優先です。院長自らは幼少より野球に携わり今でもプレーヤーとして育成者として活動してます。自らの経験でスポーツの怪我の重要性を認識しております。安心して全力で競技に挑めるように手助けします。
タイトルとURLをコピーしました